神具について

神具について見ていきましょう

神棚には水玉、皿、榊立て、瓶子、神鏡を揃えるのが一般的です。

丁寧にお供えするために八足台や三宝に神具を乗せてお供えします。
そのほかに真榊やかがり火、灯篭などを設置するとより丁寧なおまつりができます。

それぞれの神具の説明になります。

水玉(みずたま)

お水を入れてお供えします。

朝の一番初めの水をお供えするのが良いでしょう。

お供えするときは、ふたを取っておきます

皿(さら)

皿には、お米、お塩を入れます。

お米、お塩は毎日新しいものに交換をしましょう。

お米は洗米をお供えするのが一般的です。
お塩は海水から造られた塩をお供えしましょう。

神棚に向かって真ん中にお米・右にお塩になります。

榊立て(さかきたて)

榊立てには榊(さかき)を入れます。神棚の左右に対でお供えします。

神事に欠かせない榊。常にみずみずしい状態を保ちましょう。

榊立ての水はこまめに変えると長持ちします。



榊(さかき)

神事や神棚に欠かせない榊(さかき)。

榊は毎月の1日・15日に新しいものに取り換えるのが一般的とされていますが、枯れる前に新しいものと取り換えましょう。
当店で販売している八丈榊(写真)は国産榊でとても生命力があり長持ちしますので、1か月は十分にみずみずしく長持ちします。
月に1度、毎月の1日にお取替えをお勧めします。
(神社でも毎月1日には月嘗祭として、神社内の榊を取り換えています。)

どうしても生の榊をお供えするのが難しい方は、造花やブリザーブド榊などでも構いません。(当店でも取り扱いがございます)
その際にもそのままにはせずに新年には新しいものに取り換えをお勧めします。

瓶子(へいじ)

瓶子は、神様にお神酒をお供えする際に使う器です。
対になるようにお供えします。

お神酒は、お米から造られた純米酒が最適です。

※お供えするときは、ふたを取っておきます

三宝(さんぽう)、三方(さんぽう)、八足台(はっそくだい)

丁寧にお供えするために、三宝または八足台に乗せておまつります。

三宝(さんぽう)

三宝は、神饌(水・米・塩・お神酒など)をのせておまつりするものになります。

お正月やお祭りの日には海の幸や山の幸を三宝に乗せてお供えします。

三宝の種類
1.三宝
2.二枚足三宝
3.折敷

「へそ」と呼ばれるつなぎ目部分(器部分)が自分のほうへ向くように置きます。

八足台(はっそくだい)

八足台は三宝と同じ用途で神饌(水・米・塩など)をお供えするのに使います。

水玉・皿を八足台の上に乗せておまつりします。

縁起のいい八本の足で作られているのが特徴です。

神鏡(しんきょう)

神鏡を通して神さまを祀る意味とともに、鏡と対面することにより自分の姿を映すことから、清らかな心で神さまに向かうことにつながります。

一般的に神棚の正面に置きます。

鏡が曇ってきたり汚れが取れなくなったときは新しいものと取り換えましょう。

神具の中でも特に大切なもののひとつになります。

真榊(まさかき)

真榊とは・・・神様の領域をあらわす神具です。

三種の神器である、鏡・勾玉・剣が飾られています。

神棚に向かって左に剣、右に勾玉と鏡がついたものをまつります。

灯篭(とうろう)

灯篭は灯りをともすことにより厳粛な雰囲気をつくります。

昼間は明かりを灯さないのが普通ですが、暗闇を明るくする(心も)ということで灯篭を必要とします。

神棚の左右に一対になるように置きます。

かがり火(かがりび)・ローソク立て

かがり火は、神前に明かりを灯すために使う神具です。

針の部分にローソクを立て灯を灯します。

かがり火・ローソク立て共に、神棚の左右に一対になるように置きます。

鳥居(とりい)

鳥居は神社の象徴でもあります。

神さまの聖域と人間世界との境界を示すものです。

神棚の前に置きます。
GO TOP