桃の節句 -たいせつなおふだ-

ひな祭り 神棚

節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられるこの頃。
新生活の準備をしたり、新しい事を始めたりと忙しい時期でもありますね。

桃の節句 = ひな祭り、その習わし

3月3日といえば、ひな祭り。
ひな人形を飾り、そして女の子の成長を祈願するためのとても大切な行事にあたり、別名「桃の節句」と呼ばれています。旧暦での3月3日頃は、ちょうど春が訪れて桃の花が咲く頃。現在に至ってもその言葉が使われていると考えると、とても素敵ですよね。

ひな人形の歴史はとても古く、その始まりは今から千年以上前の平安時代初期。
宮中の幼い姫たちの人形遊び(ひいなの遊び)から始まったと言われています。
その後、3月3日にお祓いをした紙や草で作った人形を水に流して送ると、1年間無病息災でいられるという「流し雛(ながしびな)」の風習がひな祭りの起源と言われています。

やがて江戸時代になり武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まって行き、
江戸時代の中頃には、女の子の誕生を祝い、初節句にはひな人形を飾り、次第に飾られるひな人形も豪華なものがつくられるようになりました。
女の子が健やかに、そして可愛らしく育つように、病気や事故もなく幸せに暮らせるようにと願いを込められた風習は現代でも大切に受け継がれています。

桃の節句でのご祈祷

節句行事の際に、神社でご祈祷はお受けになっていますでしょうか?
桃の節句のご祈祷では、お子様の成長を願います。
そして、ご祈祷の際にお受けするお神札は、お子様の成長を心から願う大切なしるしでもあります。

また、ご祈祷の後、お神札をどのようにお祀り(管理)されていますか?
どこにお祀りしたら良いかわからない、といったお声も多くいただきます。

ご祈祷札は、神棚やお神札立てなどで丁寧にお祀りをしましょう。
“ご自宅に神棚がない”、“神棚に新たなお神札を置くスペースがない”などのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなお悩みをお持ちの方に、新しいお神札立てをご紹介いたします。

お札立て

新商品「おふだたて moco-moco」です。
凛としたお月様とふっくらとした雲をイメージして造られたmoco-moco は、
シンプルかつ温かみのある円型が、まるで近くで神さまに優しく見守っていただけている。
そんな気持ちになるようお造りいたしました。
ふんわりとした見た目なので、お子さまのお部屋にもおすすめです。

そしてお取り付けも簡単。
壁掛けが可能なので、スペースを気にすることなくお祀りできます。
シンプルですがしっかりとした奥行がある為、置き型としても使用できます。

是非、この機会にお神札を丁寧にお祀りしてみませんか?

おふだたて moco-moco 4,950円(税込)
https://kamidananosato.jp/?pid=166729108

GO TOP